どうやって温野菜を作るのがいいのか

あちこちから注目されている温野菜。温野菜はいろいろな種類の野菜をたくさん食べることができますし、栄養の吸収率が高くなるため体によいとされています。

では、いったいどういうふうに温野菜を作るのがよいのでしょうか。フライパンを使うと炒め物になってしまいますし、鍋を使って煮るのはちょっと違う気がしますよね。

例えばブロッコリーやほうれん草なら鍋を使って煮るのが一般的ですが、キャベツやキュウリなどを鍋で煮る、というのはあまり聞きません。

温野菜を作るのならレンジスチーマーなどが活躍!

世間の人たちはどうやって温野菜を作っているのかと言いますと、ずばり「レンジスチーマー」「シリコンスチーマー」です。

レンジスチーマーやシリコンスチーマーを購入し、その中に野菜を詰めます。最初は溢れそうになっていても過熱することにより量が減るので問題ありません。

野菜を詰め終わったら、あとは電子レンジで加熱するだけ。使用するスチーマーの大きさにもよりますが3~5分ほどで完成します。

ドレッシングは自分で作ってもよいですし、買ってきてもよいでしょう。温野菜は難しいようで簡単に作れるためぜひ挑戦してみて下さい。

中には生野菜の他にキノコなどを入れる人もいるようです。