ひよこ鑑定士という仕事って存在するのか?

儲かる仕事として知られているひよこ鑑定士。ひよこ鑑定士とは、ひよこがオスかメスかを鑑定して仕分ける仕事です。

ひよこがオスかメスなのかを仕分ける、なんともかわいらしい仕事内容に聞こえます。そのため「ひよこ鑑定士って都市伝説じゃないの?」と疑いを持つ人もいるほどです。

ですがひよこ鑑定士は実際に存在し、また仕事内容は非常にシビアとなっています。

ひよこをオスかメスか見分けるためにはお尻を見るのですが、お尻を見て一瞬で判断するだけの能力がないと厳しいでしょう。

さらにひよこはオスかメスかがわかりづらく、体も小さいため、目がかなりよくないと“見えない”ので視力がものをいう、とも言われているほどです。

ひよこ鑑定士は器用かつ視力がよくないとやっていけないのだとか。

ひよこ鑑定士のよいところは海外での需要が高い点ですね。腕前がよければ海外で働くことも可能なので、海外で暮らしたいと思っているならひよこ鑑定士の道を進むのもアリでしょう。

またひよこ鑑定士になるにあたって訓練も必要となってきます。そして注意したい点が“ひよこ鑑定士になれば誰でも稼げるわけではない”ということ。

当然と言えば当然かもしれませんが腕前が悪いと仕事がこないので、稼げないのです。