ひよこ鑑定士という仕事って存在するのか?

儲かる仕事として知られているひよこ鑑定士。ひよこ鑑定士とは、ひよこがオスかメスかを鑑定して仕分ける仕事です。

ひよこがオスかメスなのかを仕分ける、なんともかわいらしい仕事内容に聞こえます。そのため「ひよこ鑑定士って都市伝説じゃないの?」と疑いを持つ人もいるほどです。

ですがひよこ鑑定士は実際に存在し、また仕事内容は非常にシビアとなっています。

ひよこをオスかメスか見分けるためにはお尻を見るのですが、お尻を見て一瞬で判断するだけの能力がないと厳しいでしょう。

さらにひよこはオスかメスかがわかりづらく、体も小さいため、目がかなりよくないと“見えない”ので視力がものをいう、とも言われているほどです。

ひよこ鑑定士は器用かつ視力がよくないとやっていけないのだとか。

ひよこ鑑定士のよいところは海外での需要が高い点ですね。腕前がよければ海外で働くことも可能なので、海外で暮らしたいと思っているならひよこ鑑定士の道を進むのもアリでしょう。

またひよこ鑑定士になるにあたって訓練も必要となってきます。そして注意したい点が“ひよこ鑑定士になれば誰でも稼げるわけではない”ということ。

当然と言えば当然かもしれませんが腕前が悪いと仕事がこないので、稼げないのです。

ゲームブックって面白いけど値段はいくらぐらい?

book

読者が選択肢を選び、選ばれた選択肢によって展開が変わっていく…それが「ゲームブック」です。
「アドベンチャーゲーム」や「サウンドノベルゲーム」を本の形式で楽しめる、と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
ゲームブックは書店などであまり見かけないため知らない人も多いと思います。
もしゲームブックに興味があるなら大きな書店へ行ってみるか、または大手通販サイトで「ゲームブック」と検索をしてみて下さい。

ゲームブックの値段っていくらぐらいする?

オススメは国内最大級と言われている「Amazon(アマゾン)」です。では、そんな興味をそそられるゲームブックの値段はどれくらいなのでしょうか。
ゲームブックの値段は、それほど高くはありません。

だいたい1,000円から3,000円ほどで購入できますね。ボリュームがあればあるほど高くなりますので、資金は多めに用意しておきましょう。
いくつかのゲームブックは文庫本になっていて、文庫本ですと安価での購入が可能です。

最近、人気のゲームブックは「人狼村からの脱出」というゲームブック。流行りの“人狼”というテーブルゲームをテーマにしたゲームブックです。
評価もよく、パズルも盛り込まれているので長く楽しめるでしょう。さらに人狼村からの脱出はウェブともリンクしているため、新しいゲームブックのカタチであると言えます。