ファミマのバイトでは宅配便やファミポートを理解しておこう

ファミマでは宅配便のあらゆるサービスに対応しています。今やコンビニで宅配便の対応をしているのは当たり前の時代となりました。

ファミリーマートでバイトをするのであれば、宅配便の仕事についても覚えなければなりません。

またファミポートなどファミマでは便利な機械になっています。こちらも操作などを覚える必要があります。

ファミマの宅配便の種類は色々とある

まず、ファミリーマートが対応しているのは発払いと着払いの宅配便、ゴルフ・スキーや宿泊施設の宅配便、オークション宅配便、複数口宅配便、またゴルフ・スキー等の場合は往復宅配便も受け付けます。

発払いと着払いは比較的覚えやすいのですが、その他の宅配便は少し難しいため覚えるのが大変に感じられるかもしれません。その他、送り状発行システムや送り状印字サービス、クロネコメール便にも対応。

宅配便店頭受け取りサービスもあるため、しっかりと記憶しましょう。一度では覚えきれないと思いますのでメモを取ることを忘れずに。

またファミリーマートではクール宅配便に対応していませんので、誤ってクール便を受け付けてしまわないよう注意して下さい。それだけではなくサイズや重量の計り違いによる料金の間違いもいけません。

慣れている人にとってサイズや重量の計測はとても簡単ですが、慣れていない人にとっては一苦労です。覚えてしまえば簡単なので、経験を積んで頑張りましょう。

ファミポートについて

ファミポートでは多種多様なサービスが利用できるため、お客さんにとっては非常に便利な存在です。ですが「できることが多い」機械というのは総じて操作方法が難しいもの。

ファミポートは万人向けにわかりやすく作られていますが、それでも操作方法がわからず困ってしまうお客さんはたくさんいます。

そういったお客さんにとって、頼れるのはスタッフ(アルバイト)の存在です。ファミリーマートでアルバイトしていれば、ファミポートの使い方について質問されることもあるでしょう。

ですのでアルバイトとして働く以上、ファミポートの使い方を覚える必要があります。もちろんサービスの対応もしなければいけません。

チケットや代金の支払いやプリペイド番号の発行などさまざまです。また店舗によってはコピーやFAXを設置しているところもあります。

コピーやFAXの使い方について質問されることもあるため、こちらも覚えておきましょう。

店内のサービスは把握しておかなければいざという時に困ってしまいます。余裕がある時、実際に操作してみると覚えやすいのではないでしょうか。

若い人は携帯電話やパソコンの操作で機械に強いケースが多いため、比較的飲み込みやすいのではないかと思います。

また、ファミマなどコンビニでバイトを探している、という方はタウンワーク コンビニなど多くの求人があるサービスを利用するといいでしょう。

どうやって温野菜を作るのがいいのか

あちこちから注目されている温野菜。温野菜はいろいろな種類の野菜をたくさん食べることができますし、栄養の吸収率が高くなるため体によいとされています。

では、いったいどういうふうに温野菜を作るのがよいのでしょうか。フライパンを使うと炒め物になってしまいますし、鍋を使って煮るのはちょっと違う気がしますよね。

例えばブロッコリーやほうれん草なら鍋を使って煮るのが一般的ですが、キャベツやキュウリなどを鍋で煮る、というのはあまり聞きません。

温野菜を作るのならレンジスチーマーなどが活躍!

世間の人たちはどうやって温野菜を作っているのかと言いますと、ずばり「レンジスチーマー」「シリコンスチーマー」です。

レンジスチーマーやシリコンスチーマーを購入し、その中に野菜を詰めます。最初は溢れそうになっていても過熱することにより量が減るので問題ありません。

野菜を詰め終わったら、あとは電子レンジで加熱するだけ。使用するスチーマーの大きさにもよりますが3~5分ほどで完成します。

ドレッシングは自分で作ってもよいですし、買ってきてもよいでしょう。温野菜は難しいようで簡単に作れるためぜひ挑戦してみて下さい。

中には生野菜の他にキノコなどを入れる人もいるようです。