どうやって温野菜を作るのがいいのか

あちこちから注目されている温野菜。温野菜はいろいろな種類の野菜をたくさん食べることができますし、栄養の吸収率が高くなるため体によいとされています。

では、いったいどういうふうに温野菜を作るのがよいのでしょうか。フライパンを使うと炒め物になってしまいますし、鍋を使って煮るのはちょっと違う気がしますよね。

例えばブロッコリーやほうれん草なら鍋を使って煮るのが一般的ですが、キャベツやキュウリなどを鍋で煮る、というのはあまり聞きません。

温野菜を作るのならレンジスチーマーなどが活躍!

世間の人たちはどうやって温野菜を作っているのかと言いますと、ずばり「レンジスチーマー」「シリコンスチーマー」です。

レンジスチーマーやシリコンスチーマーを購入し、その中に野菜を詰めます。最初は溢れそうになっていても過熱することにより量が減るので問題ありません。

野菜を詰め終わったら、あとは電子レンジで加熱するだけ。使用するスチーマーの大きさにもよりますが3~5分ほどで完成します。

ドレッシングは自分で作ってもよいですし、買ってきてもよいでしょう。温野菜は難しいようで簡単に作れるためぜひ挑戦してみて下さい。

中には生野菜の他にキノコなどを入れる人もいるようです。

ゲームブックって面白いけど値段はいくらぐらい?

book

読者が選択肢を選び、選ばれた選択肢によって展開が変わっていく…それが「ゲームブック」です。
「アドベンチャーゲーム」や「サウンドノベルゲーム」を本の形式で楽しめる、と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
ゲームブックは書店などであまり見かけないため知らない人も多いと思います。
もしゲームブックに興味があるなら大きな書店へ行ってみるか、または大手通販サイトで「ゲームブック」と検索をしてみて下さい。

ゲームブックの値段っていくらぐらいする?

オススメは国内最大級と言われている「Amazon(アマゾン)」です。では、そんな興味をそそられるゲームブックの値段はどれくらいなのでしょうか。
ゲームブックの値段は、それほど高くはありません。

だいたい1,000円から3,000円ほどで購入できますね。ボリュームがあればあるほど高くなりますので、資金は多めに用意しておきましょう。
いくつかのゲームブックは文庫本になっていて、文庫本ですと安価での購入が可能です。

最近、人気のゲームブックは「人狼村からの脱出」というゲームブック。流行りの“人狼”というテーブルゲームをテーマにしたゲームブックです。
評価もよく、パズルも盛り込まれているので長く楽しめるでしょう。さらに人狼村からの脱出はウェブともリンクしているため、新しいゲームブックのカタチであると言えます。